Frequently Asked Questions


ご寄付の方法

ルーム・トゥ・リード・ジャパンでは、銀行振込、クレジットカードによるご寄付を受け付けています。詳しい情報は、"寄付のお願い"をご覧ください。
マンスリーサポート(毎月寄付)をご希望の場合は、クレジットカードのみ受け付けています。

ご不明点がある場合は、 japan@roomtoread.org までご連絡をお願いいたします。


マンスリーサポート(毎月寄付)をご希望の場合は、クレジットカードのみ受け付けています。詳しくはこちらをご覧ください。
銀行振込によるマンス―サポートをご希望される場合やご質問がある場合は、 japan@roomtoread.org までご連絡をお願いいたします。


お手数をおかけし、申し訳ありません。ルーム・トゥ・リードは、外部業者に委託して、クレジットカードによる寄付を受け付けています。以下の点をご注意下さい。

  • 「円」で寄付をする際に利用可能カードは、ビザカード、マスターカードです(JCB、アメックスは取り扱っておりません)

  • セキュリティの関係上、特に新規でのご寄付や決済金額が高額な場合、クレジットカード会社より決済を拒否されることがあります。決済ができない場合は、クレジットカード会社にご連絡いただきますようお願いいたします。

  • 一部ブラウザと端末において、金額入力が反映されないことがあります。大変お手数をおかけいたしますが、ご利用ブラウザのバージョンアップを行っていただくか、ご利用端末やブラウザを変更のうえ、再度お試しください。また、金額は半角で入力をお願いいたします

上記の方法でも解決しない問題がございましたら、電話番号及びご連絡差し上げてもよい時間帯を明記の上、メールにてjapan@roomtoread.orgまでお知らせください。こちらからご連絡させていただきます。


ルーム・トゥ・リードをサポートいただく最も有効な方法は、寄付による成果を最大化するため、特定のプログラムや国ではなく、用途の制限のない寄付をしていただくことです。用途の制限のない寄付は、活動に柔軟性や確実性を与え、子どもたちが成功するために必要な包括的な支援が可能となります。
皆さまからのご寄付により、特に以下が可能となります。

  • 迅速な活動の拡大と、最もニーズの大きい地域における活動の展開
  • 継続的な改善による最適なプログラムの付与
  • 自然災害や景気後退といった予期せぬ事態への対応

ルーム・トゥ・リードでは、寄付による成果を最大化するため、特定のプログラムや国ではなく、最も必要としているニーズへのご支援をお願いさせていただいています。用途の制限のない寄付をいただくことによって、活動を迅速に拡大し、プログラムを改善し、予期せぬ事態に備えることができるようになります。つまり、最も必要な時に、最も必要なことに、寄付を最大限に効果的に活用することができます。
同時に、ルーム・トゥ・リードは支援者の方の想いも大切にさせていただきたいと思っています。プロジェクトスポンサーは、例えば、特定の学校1校、あるいは図書室1室のスポンサーという形で、特定のプロジェクトや国を指定いただくことができます。

スポンサー例:

  • 100円:支援国で現地語で出版している本1冊
  • 5000円:識字教育プログラムを通じて、子ども一人が読み書きできるよう1年間サポート
  • 35000円:女子教育プログラムを通じて、女の子一人が高校を卒業できるよう、学業に加えてメンタリングやライフスキル授業の提供など1年間サポート
  • 80万円:小学校に図書室を1室設立
  • 400万円:小学校1校に識字教育プログラムを導入(4年間のサポート、学校内に図書室の設立、教師や司書への研修、識字の教材提供など)。

詳しくは、japan@roomtoread.org までお問い合わせください。


残念ながら、古本そのものの寄付は受け付けておりません。理由は、出版社から新しい本を直接送るか、あるいは現地で新しい本を購入する方が、寄付された古本の郵送に比べ、時間と費用がかからないためです。また、支援国では現地語による本を寄贈しているため、外国語で書かれた本は役に立ちません。

かわりに、バリューブックスを通じた寄付をお願いできれば幸いです。私たちのパートナーであるバリューブックスの「charibon」の仕組みを使って、不要になった本をお売りいただくと、査定額がルーム・トゥ・リードに寄付されます。

お申し込みはバリューブックスの利用申込フォームからお願いします。このとき支援団体として必ずルーム・トゥ・リード・ジャパンを選択してください。


はい。ルーム・トゥ・リードは株式についても寄付の対象としています。詳しくは、japan@roomtoread.org までご連絡をお願いいたします。


はい。日本円でご寄付いただいた場合、日本における寄付金控除の対象となります。ルーム・トゥ・リード・ジャパンは、2017年2月10日に千葉県の認定を受けた認定NPO法人です。 認定NPO法人への寄付は、税制上の優遇措置の適用を受けることができます。 (*ただし、イベント参加費や物品の交換を伴うお支払いは寄付金控除の対象になりません)


クレジットカードを通じてのオンラインでのご寄付では、通貨を選ぶことができます。また、円以外の通貨で銀行振り込みをご希望の場合は、japan@roomtoread.org までご連絡をお願いいたします。


ただし、日本における寄付金控除の対象になるのは、寄付を日本円でご寄付いただいた場合のみになりますので、ご注意ください。

米ドルでルーム・トゥ・リードにご寄付いただいた場合、米国における寄付金控除の対象となります。ルーム・トゥ・リード(米国)は、米国の内国歳入法典第501条C項3号の規定に基づき、連邦法人所得税免税や寄付税制上の優遇措置などの対象となる非営利団体です。ルーム・トゥ・リードへの寄付は、税制上の優遇措置を受けることができます。商品やサービスの対価を受け取ることはできません。ルーム・トゥ・リードの税制上識別番号91-2003533です。

ご質問は、 japan@roomtoread.org までご連絡をお願いいたします。


ご寄付をいただいた日の翌月末までに、領収書(寄付受領証明書)を郵送にて登録住所宛てにお送りいたします。
なお、マンスリーサポート(毎月寄付)を通じてのご寄付の領収書は、年1回、2月初旬までに前年1月〜12月分をまとめて発行・送付します。


領収書(寄付受領証明書)は、確定申告によって寄付の税金控除を受けるために必要な書類になります。再発行はいたしかねますので、大切に保管してください。


ルーム・トゥ・リードの出版業務を通じて発行した書籍は、残念ながらお買い求めいただけません。これは、書籍の著作権が当該書籍の発行国に属し、国際的な著作権上の規制によるためです。悪しからずご了承ください。


ルーム・トゥ・リードは長きにわたり、寄付者と特定の女子学生とのダイレクトな関係は作らないという方針を採っております。これにはいくつか理由がありますが、子どもたちに会ったこともない人と関係を築かせることはフェアではないと考えます。加えて、子どもたちは外国語の読み書きができません。また、子どもたちが自分たちが所属する地域社会から助けられていると感じることも重要だと考えています。海外の人たちからの支援に頼っていると考えるのではなく、所属する地域社会が教育機会を提供し、少女たちが抱える問題は地域のリソースを活用することで解決可能であることを示したいと思っています。
女子教育プログラムをご支援くださった支援者の方には、女子教育プログラム報告書をお送りさせていただきます。