Literacy

Literacy

識字には世界をひとつにする力があります。

子どもの読み書き1年間をサポートする

ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムは、小学校を子どもに優しい学習環境に変え、子どもたちが生涯自立した読書家になれるようにサポートします。

読書一年分を贈る

私たちは、相互につながりのあるグローバルなコミュニティの一員として、毎日、読み書きを使っています。書き言葉によって、最高の勝利を祝ったり、深い悲しみを探求しています。また、読み書きを使って、仲間を見つけ、さまざまな視点から議論をしています。 たとえ分裂が激しい時代であっても、拳よりも言葉で闘うことが多いです。 識字きは、私たちがコミュニケーションをとり、つながり、共有された存在を拡大するための大事な枠組みなのです。

しかし、10億人近くの人々が読み書きができないために、対話に参加できません。7億5,000万人の成人が基本的な読み書きの能力がありません。1億2,400万人が学校に通っておらず、低所得国では4人に1人の子どもが読み書きができません。

 

国際識字デーに向けて聞いてみました 「あなたの世界観を変えた本は何ですか?」

ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムの内側

ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムの内側

識字教育プログラムのシニアディレクター  クリスタベル・ピントの言葉を借りれば、本は私たちの世界の境界を広げる力を持っています。

良い物語は、自分とは違うほかの誰かの立場になることができ、そうすることで、私たちが共有している人間性を認識し、自分自身を超えた世界を体験することができます。しかし、子ども向けの本は、単なる学習ツールではありません。私たちを楽しませ、教え、夢中にさせ、挑戦させてくれます。

困難な状況で生活している時、本は争いからの休息を与えてくれたり、今ここを超えた可能性への窓を与えてくれます。違いを利用して人々を互いに敵対させる世界では、本は自分自身と他者の両方をよりよく理解するための手段になります。

世界を見る方法に挑戦する7冊の本

ルーム・トゥ・リードのグローバル・ブック・コレクション 第一巻

子どもたちに異文化や経験にフォーカスした物語を読んでもらうことで、幼い頃から子どもたちの視野が広がります。だからこそ、ルーム・トゥ・リードの無料デジタル・グローバル・ブック・コレクションの第1巻を公開させていただいています。

 

コレクションをダウンロード

ルーム・トゥ・リードは、子どもの非識字と貧困のサイクルを一世代で断ち切ることを目指しています。

ルーム・トゥ・リードの革新的な識字教育プログラムは、小学校に現地語の本でいっぱいの図書室を設立し、教師や司書に、熱心で若い学習者を授業に参加させる方法をトレーニングしています。2年生の終わりには、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムに参加している子どもたちは、それ以外の学校の子どもたちと比べて、2~3倍の速さで本を読み、87%の理解度で本を読むことができます。

 

不可能を終わりにする

流暢な読解力と理解力を教えるための実績のあるツールがあれば、非識字の危機を解決できます。ただ、そのためには資本が必要です。これらの課題を解決することは不可能だという考えを覆しましょう。

子どもたちに「読み書き1年分」を贈りませんか!

読み始めたばかりの子どもに適切な図書

本を読み始めたばかりの子どもたちには、そのスキルレベルに合った絵本と指導教材が必要です。難解な本を与えては、難しすぎて読む気がなくなります。残念ながら、私たちが活動している場所では、多くの場合、初級者向けの絵本はほとんどないか、存在しません。

そうした状況を変えるため、様々なレベルの読者が楽しめる現地語による絵本を作成しました。これらの絵本は、子どもたちの想像をかきたて、読書を楽しめる内容になっています。私たちの目標は、子どもたちの読書意欲を刺激し、心の幅を広げ、生涯にわたって読書と学習を愛する気持ちを育むことです

成功を引き寄せて著者を変える

識字教育プログラムの持続と拡大

世界を変える

皆様のご支援により、私たちはより迅速に規模を拡大し、世界中のコミュニティを変革することができます。ルーム・トゥ・リードは、2020年末までに2,000万人の子どもたちへの支援を目標にしています。 

世界を変える寄付

ルーム・トゥ・リードは、活動地域で、長期的かつ体系的な変化をもたらすように識字教育プログラムを設計しています。これは、ルーム・トゥ・リードの支援を終えても、学校での活動が何年にもわたって継続されるように、コミュニティと密接に協力することを意味しています。プロジェクト計画の初期段階からコミュニティと協力し、費用を分担して地域のオーナーシップを確立するとともに、学校での活動を継続したり、自分たちで本を調達したりするための知識やスキルを地域社会に提供しています。

また、国レベルでのニーズに対応するために、効果的な識字教育の取り組みを拡大するよう政府に働きかけ、政府と協力しています。これを可能にするために、世界的な研究とベスト・プラクティスに基づいた再現可能な介入策を用いて、テキストの乏しいコミュニティの生徒が流暢な読み書きができるように支援しています。プロジェクトの学校から得られたデータは、よく設計された教材とトレーニングによって、政府にどのような影響を与えることができるかを示しています。これにより、私たちは教育省と協力して、プログラム校以外の子どもたちにも影響を与える政策やカリキュラムの変更を広く推進することができるようになります。このようなパートナーシップにより、国の取り組みを補完し、全国的にプログラムを維持し、規模を拡大することができます。