Room to Read  World Change Starts with Educated Children

 

主要な支援プログラムについて

image

開発途上国で教育施設を整備し、教育の機会を提供することは簡単なことではありません。それぞれの国で挑戦すべきことや有利なことは異なります。各地域にそれぞれの強みや弱点があり、地域社会のニーズも様々です。そのため、ルーム・トゥ・リードは、現地の人を職員や責任者として採用しています。現地スタッフは、その地域のニーズや地域社会を理解しています。また、その国の言語と習慣を熟知しているので、個々のプログラムを成功させるためには何をすべきかがわかるのです。ルーム・トゥ・リードがプログラムの高い質を維持し、各地域独自のニーズにも応えることができるのは、彼ら現地スタッフのおかげなのです。

ルーム・トゥ・リードは以下の主要な支援プログラムを通して、発展途上国社会に教育を受ける機会を提供しています。

 
  • 図書館・図書室プログラム

    図書館・図書室を設立し、ルーム・トゥ・リードが出版したものを含む現地語で書かれた児童書、寄贈された英語の本、ゲーム、子どもが親しみやすく、勉強できる環境をつくるための家具などを設置しています。

  • 現地語出版プログラム

    現地の作家やイラストレータを発掘し、ルーム・トゥ・リードのネットワークを通じて現地語の児童書を出版し、子どもたちの年齢や文化にふさわしい本を配布しています。

  • 学校建設プログラム

    子どもたちが安全に、親しみやすい環境で勉強できるように、現地の地域社会と協働して学校を建設しています。

  • 女子教育プログラム

    少女たちが中等教育(日本の高校課程相当)を修了できるように、物心両面の多面的なサポートを長期的に提供しています。

  • 読み書き能力育成プログラム

    教育カリキュラムと現実の間にあるギャップを埋め、子どもたちが本物の読み書きの力をつけるため、ルーム・トゥ・リードと教育省はパートナーシップを組んで、補助教材、教員向けトレーニングを提供しています。

チャレンジ援助モデルを通して、地域社会とルーム・トゥ・リードの共同投資をおこなっています。このことによって、ルーム・トゥ・リードの現地チームが他の村を支援するためにその地域を離れても、人びとがオーナーシップを持って長期的かつ継続的にプロジェクトを促進させることができるのです。

ルーム・トゥ・リードは、新しい国や地域に活動を展開する上で、あるいは既存の活動の効果を高めるために、定期的に新しいプログラムモデルの開発と試験実施をおこなっています。その一例として、読み書き能力育成プログラムが、試験導入を経て、2011年より本格展開がスタートしています。

また、効率的かつ効果的にプログラムを運営し、開発途上国の子ども達に最良の援助ができるようにするため、プログラムのモニタリングと評価を通じて、結果の追跡調査を行っています。

image

2015年までに1000万人の子ども達の人生に、教育を通じてインパクトを与えることができました。
次の目標は、2020年までに
1500万人の子ども達に教育を届けることです。
引き続きご支援お願いいたします。

寄付はこちらから

OUR IMPACT

教育機会を得た子どもたち
1160万人

識字教育プログラム
識字教育プログラム提携校 18,696校
プログラムの恩恵を受けた子どもたち 9,900,000名
トレーニングした教師・司書 9,232名
現地語出版した児童書 1300タイトル
児童書の配布 18,000,000冊
生徒一人当たりの貸出冊数(平均) 9.5冊
女子教育プログラム
女子教育プログラム参加者 38,503名
次学年への進学率 94%
ライフスキルトレーニングへの出席率 85%
中退率 9%
中等学校卒業者数 2363名
高等教育(大学等)への進学率 67%

2017/11/04 更新

image

アニュアルレポート
ルーム・トゥ・リードの年間活動報告
詳細はこちら
 

image

女子教育プログラム報告書
女子教育プログラムの最新情報とサポートを受ける少女達からの報告
詳細はこちら
 

image

Supporters' Room
サポーターによるイベントや企画の最新情報
詳細はこちら
 
 
  • トップページ
  • Webサイト・制作チーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 著作権・商標
  • 個人情報について
  • グローバルサイトへ
  • サイトマップ
 

powered by DNP Digitalcom