Room to Read  World Change Starts with Educated Children

 

ネパール

ネパールの概況

ネパール

大国インドと中国の間に位置する小国ネパールには、世界で一番高い山の10のうち8つがあり、世界最高峰のエベレストを有します。人口2650万人の大部分が岩の多い平野と谷地に住んでおり、そこにヒマラヤ山脈がそびえ立っています。この地形は輸送インフラの整備を阻み、徒歩の移動も困難を極めます。

内陸のネパールは、ほとんどが農業で生計を立てています。一般的には、40~50の家族が固まって、傾斜した地形に住み、小麦、米、野菜を育てています。

第2の収入源は、ツーリズム(旅行)産業です。世界中から人々がスリルと雄大さを求めてネパールにやってきます。過去15年の政局の不安定さが、旅行業に影響し、経済的発展を遅らせる要因となりました。

ネパール人の50%は、1日2USドル以下で生活しています。

 

教育面の課題

国情報
人口 2,700万人
国土面積 147,000Km2
教育言語 ネパール語、英語
活動開始 1998年
オフィス所在地 カトマンズ、ブトワル、ポカラ、グラリヤ
活動地域 バグルン
バクタプール
バルディヤ
チトワン
ダディン
カスキ
カトマンズ
カブレパランチョーク
ラリトプール
ラムジュン
マクワンプール
ミャグディ
パルバット
ナワルパラシ
パルパ
ピュータン
ルパンデヒ
シャンザ
タナフ

ネパールの教育システムの課題は多様で、複雑な問題をはらんでいます。

ネパールに広がる雄大な山々は、教育インフラとしての施設を建築する際のコストと時間の負担を増大させます。人口の多くは、電話、道路、清潔な水も学校もない地方に住んでいます。

国の教育システムは、短期間に大きな進歩を遂げていますが、まだたくさんの課題が残されています。政府によって設立された学校の多くは、とくに地方の公立校は、深刻な財源不足に苦しんでいます。初等教育は無償ですが、校舎は老朽化し、教室は狭く、教材は不足しているため、多くの子どもたちが潜在能力を発揮することができません。また、初等教育を修了できないこともよくあります。

教師の給料など、政府からの財政的な支援はありますが、その他の出費は村が負担しなくてはなりません。結果として、ほとんどの学校には図書館・図書室もなく、教科書以外の本もありません。多くの場合、学校にある本はとても貴重品であり、鍵をかけられ保管されているので、好奇心旺盛な子どもたちの手に届くことはありません。

家庭環境と文化的偏見が、ネパールの教育への取組みをさらに複雑にしています。女子は男子よりも教育を受ける機会が少なく、識字率が男子と比較し、22%も低くなっています。

 

プログラムと成果

ネパールでの活動は、ルーム・トゥ・リード創設以前にさかのぼります。1998年、ルーム・トゥ・リードの創設者であるジョン・ウッドは、ヒマラヤの高地にあった学校へ数百冊の本を届けたことをきっかけに、ルーム・トゥ・リードの前身である団体(ブックス・フォー・ネパール)を立ち上げました。

以来、ネパール・チームは順調に拡大し、図書館・図書室、読み書き能力育成、学校建設、現地語出版、女子教育のすべてのプログラムを展開しています。現在では、ネパールの子どもたちに教育の機会を提供するべく、ヒマラヤ地域のみならず、低地のタライ平野でも活動しています。

主なパートナー:Nepal Education Support Trust (NEST), Lions Club of Butwal (LCB), Moti Community Library (MCL), Manabiya Srot Bikas Kendra Nepal (MSBK), Gaja Yuba Club (GYC), Vijaya Development Resource Centre (VDRC), Backwardness Eradication Society (BES, Palpa), Fulvari Integrated Rural Development Organization (FIRDO), Child, Health and Environment Save Society (CHESS Nepal), Prayatnashil Community Development Society (PRAYAS-Nepal), Paropakar Primary health care Center (PPUK), Backward Society Education (BASE-Bardiya), Education Research and Development Center Nepal (ERDCN), Lions Club of Kathmandu, Nepalese Society for Children's Literature (NESCHIL), Nepal Youth Opportunity Foundation (NYOF), Friends of Needy Children (FNC), DHL Express Pvt. Ltd.

image

これまでの成果
図書館・図書室プログラム 3,176室
現地語出版プログラム 185タイトル
学校建設プログラム 918校
女子教育プログラム 2,197名
 

image

2015年までに1000万人の子ども達の人生に、教育を通じてインパクトを与えることができました。
次の目標は、2020年までに
1500万人の子ども達に教育を届けることです。
引き続きご支援お願いいたします。

寄付はこちらから

OUR IMPACT

学校建設プログラム 1,930校
図書館・図書室プログラム 17,534室
現地語出版プログラム 1158タイトル
児童書の配布 15,651,734冊
女子教育プログラム 31,636名
教育機会を得た子どもたち 1000万人

4半期毎に更新

image

アニュアルレポート
ルーム・トゥ・リードの年間活動報告
詳細はこちら
 

image

女子教育プログラム報告書
女子教育プログラムの最新情報とサポートを受ける少女達からの報告
詳細はこちら
 

image

Supporters' Room
サポーターによるイベントや企画の最新情報
詳細はこちら
 
 
  • トップページ
  • Webサイト・制作チーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 著作権・商標
  • 個人情報について
  • グローバルサイトへ
  • サイトマップ
 

powered by DNP Digitalcom